吹田市立博物館トップページへ

旧中西家住宅

 国登録有形文化財・吹田市指定有形文化財・国登録記念物(庭園)
旧中西家住宅
江戸時代の学者で漢詩人でもあった廣瀬旭荘が、「其宅華麗 殆類侯居(華麗で、諸侯が住まう家のようだ)」と讃えた旧中西家住宅は、文化財を吹田市のために役立てたいという中西家の御厚志により、平成19年(2007年)1月に家具や調度品とともに、吹田市に寄贈されたものです。
重厚な屋敷構えや建築物、また華麗な庭園では、四季折々の情緒が楽しめます。

観覧日及び
時間、申込方法

【重要】観覧制限の一部変更について
建物及び庭園の公開
水曜日・土曜日・日曜日のそれぞれ
午前10時・午後1時・午後3時で、各時間帯定員30人です
※見学には約1時間30分ほどかかります。

庭園のみの公開
火曜日・木曜日・金曜日のそれぞれ
午前10時〜正午、午後1時〜4時30分で、各時間帯定員30人です
(建物内の見学はできません。)

※4月、11月は特別公開のため日程が変更になります。

公開日等はお問い合わせください

観覧希望日の前月の1日から事前にお申し込みください。なお、定員(30名)に欠員がある場合は、観覧希望日の前日までに電話予約可。

休館日 毎週月曜日

12月29日〜1月3日

入館料 無料
交通アクセス 阪急バス岸部小路停留所から徒歩2分。
JR岸辺駅から徒歩10分。
阪急正雀駅から徒歩15分。
※駐車場がありませんので、お車での来館はご遠慮ください。

申込・
問い合わせ先

〒564-0002
大阪府吹田市岸部中4丁目13番21号
電話    06−6386−1182
ファックス 06−6386−1182

*旧中西家住宅の写真はこちらで見ることができます。

旧中西家住宅写真
MAP拡大版
旧中西家住宅MAP


■■■お知らせ■■■



10月1日(木曜)から観覧制限を一部変更します

 
 旧中西家住宅(吹田吉志部文人墨客迎賓館)では、現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため制限付きの観覧を
行っておりますが、令和2年(2020年)10月1日(木曜)から制限の一部を緩和し、下記のとおりの観覧方法とします。

1  水曜日・土曜日・日曜日の午前10時・午後1時・午後3時は、ガイドの案内・解説による建物及び庭園の観覧、
  火曜日・木曜日・金曜日の午前10時〜12時、午後1時〜4時30分は庭園のみの観覧(ガイドなし)で、いずれも
  各回ごとの定員は15名までとします。

2  観覧は予約制で、観覧希望日の前月の初日から前日まで予約を受け付けます。ただし今後の状況により、観覧が
  中止になったり、観覧方法が変更になる可能性がありますのであらかじめご了承ください。

3  観覧に際しましては、マスクの着用、手指のアルコール消毒、観覧者間の間隔を保って観覧するなど、新型コロナ
  ウイルスの感染拡大防止にご協力をお願いします。



旧中西家住宅 秋の特別公開


 「旧中西家住宅 秋の特別公開」を開催します。
普段の見学では非公開の離れ座敷や茶室の内部を庭から鑑賞でき、旧中西家住宅所蔵の江戸時代の掛軸や茶道具なども
多数展示します。
 また、国登録記念物(名勝)である庭園では紅葉が楽しめます。

 ◆とき/11月21日(土曜日)〜11月29日(日曜日) 午前10時、午後1時、午後3時
 ◆定員/各先着15人
     ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため通常定員の半数で実施。
      見学時にはマスクの着用、手指のアルコール消毒にご協力願います。
 ◆費用/無料
 ◆予約・申込/10月1日(木曜日)から、電話かファックスに希望日時、人数、住所、名前、電話番号を書いて、同住
        宅(電話・ファックス 6386−1182)へ。
        空きがあれば、希望日前日まで受け付けます。

                     
                         拡大する


主な常設展示のご案内


 母屋にて旧中西家住宅ゆかりの資料を展示しています。(令和2年7月現在)
 
 ■墨書
  「萬歳樓」 売茶翁(江戸時代)    

   煎茶の祖とされる黄檗宗の僧、売茶翁の書。

  「閑雅自愛」 藤澤南岳(大正時代) 

   幕末から明治・大正にかけて活躍した儒学者、藤澤南岳の書。

 ■その他
  「文政九年墨書木槌」
   
文政九年(1826年)の母屋の上棟に使用されたと考えられています。

  「軒桟瓦」
   
摂州下嶋郡吹田村の瓦師が文政九年に製作したことを示す刻印があります。

  「丁銀を計る天秤」
   
宝永七年(1710年)に大阪高麗橋の道具屋から購入したとの墨書があります。



旧中西家住宅(吹田吉志部文人墨客迎賓館)の施設管理経費について


この施設は、市民の皆様の貴重な税金等で管理運営されています。
なお、平成29年度(2017年度)の施設管理経費は、下記のとおりとなっています。
利用者の皆様からのご要望等に応え、今後とも効率的な管理運営を行ってまいります。

施設管理経費 計(a)
19,928千円

人件費
14,514千円
その他(光熱水費等)
5,414千円

収入額 計(b)
20千円

使用料収入
0千円
  減額及び免除の額
△0千円
減額又は免除をしなかった場合の使用料の額
0千円
その他収入
20千円
※数値は、平成29年度決算額をもとにしています。
※施設管理経費には、減価償却費等は含まれていません。
※人件費は、非常勤職員の給与額及び臨時雇用員の賃金を含みます。


利用者数  計(c) 2,191人

利用1人当たりコスト ((a−b)/c) 9,086円


稼働率   100%

これまで行った市民サービス向上の実績

原則、水、土、日の開館であったが、観覧機会の拡大のため、火、木、金に庭園のみの公開を開始した。また、毎年春と秋に特別公開を開催し、所蔵品の展示等を行っている。



今後予定の市民サービス向上策

資料の調査研究を進め、迎賓施設としての使用することや公開を通じて、文化財の保存、活用を充実させる。





上へ